楽しかった自称昼スムージー屋でしたが、閉店して夜のみご飯にしたいと思いました。

理由は母乳は多分内容重視ではなくなったこと(食べることが栄養になってきた)、自分としてはかなり太って洋服を楽しめなくなったこと、昼にフルーツやスムージーを食べるため仕事がはかどらないこと、仕事がプライベートの時間まで溢れてきたため睡眠時間を短くしたいことなどで久しぶりに1日1食に戻そうと思いました。またあわよくば不食を目指したい。。

これ、習慣から抜けるのは最初思い切りが必要なのです。昼食べていたから食べたくなっちゃうのですね。

早速トライしたところ、1日目は昼、10分くらいきつかったですが、あとは軽くなりました。久しぶりに1日1食の軽さを実感。食事量は減りました。しかし左脚の痺れは強く出ました。

2日目は昼やはり食べたい氣に一瞬なりましたがまたすぐ過ぎ去りました。身体が少しシュッとして軽くなりました。15時過ぎに庭の柑橘を食べました。身体が軽くなりすぎて、今まで何故2食も食べていたんだろうと疑問になりました。

その後は大体慣れてきてほぼ毎日18時間ほど食間をあけることができております。ここ1ヶ月くらい続いておりますが、1日1食ではなくて昼過ぎにみかんなどのフルーツを食べて帰って夕食を食べる感じが定着しました。

できれば1日1食、フルーツにまた戻したいのですが、冬は難しいかもですね。

 

優雅な食べ方選手権に備える御子。

関連記事はこちら