ある日、朝起きると眩暈がして、そして寒氣もしておりました。これはまさか…

普段から病氣という病氣はしたことないくらいだったので風邪の症状とかちょっとわかりませんが笑、着ても着ても寒いし(最終的に冬以上に着込んだ)、3センチの距離で暖房にあたっても寒い…。

風邪だとすると体から悪いものを出す反応なので、ありがたいものなのですが。

野口整体の野口先生は風邪は引いた方がよい。経過が大事だと。野口先生は2時間で風邪を経過させて治したようです。コツはカラダの声を聞くことなのか?すぐに過ぎ去るという信念なのか?

それを見習い、ノリノリで何時間かで通り過ぎてもらおうと思っていたら、その通り半日すると寒氣も治まり、眩暈もいつの間にか消えていました。

ヨカッタ!

そういえば不思議なことに、一年のうち春のある日はとても寒くなる一日があって、秋のある日はとても暑くなる日が一日あります。(気候はそんなに変化してなくて、あくまで自分の中で)

その日だったのか?

そのおかげか、また断捨離や掃除熱が戻ってきて夜な夜な色んなところを整理しましたとさ!

「私が風邪に向かう姿勢はこう!」御子、勇ましいです。

関連記事はこちら