最近生のものの比率を高めてサラダ三昧で食べておりました。

ローフードからのフルータリアンをまた目指していたのです。

もちろん身体に良いと信じてやっていましたが、最近急に受け付けなくなってしまいました。

原因は「べき思考」で体の声を無視して食べているとそのようになるのではないか。

少し前から受け付けなくなるものがあって、米を食べられない日、逆にオニギリしか受け付けない日、生野菜しかいけない日、野菜を受け付けない日、日によって全然食べれるものが違っています。

それに氣づいて従う氣になれたのは成長なのですが、まだまだ頭で生きているんだなと実感しました。

今この瞬間に在るよう常々意識を向けていきたいです。

しかし何週間か続くこの吐き氣、何なんだろう。。

お先に失礼…。

ロッキンチェア に登る御子、私の成長の先を行く…

 

 

関連記事はこちら

  • 身体の変化と食べ物身体の変化と食べ物 1-2月は胃腸炎なんだかわかりませんが、全く生ものが食べられなくなって、といっても果物は全然いける […]
  • 今年の断捨離今年の断捨離 1月は始まりの月。始まりは何だか清々しくて好きです。仕事は始まっていますがのんびりやれていますし。 […]
  • キッチンガーデンキッチンガーデン この間、捨てていたネギの根や大根葉などキッチンで育てることができるという情報を発見し、感動しました […]
  • ありがたい贈り物ありがたい贈り物 最近は来る日も来る日も母乳アップのためにお粥で過ごしておりました。 飽きる…こともあるけど食べ始 […]
  • フレッシュ柑橘フレッシュ柑橘 遂に借り住まいの庭の柑橘が色づいてきました。 柑橘の島、故郷の豊島に住まいながら、柑橘の木か […]
  • 呼吸のワークショップに行ってきました!呼吸のワークショップに行ってきました! 約300年前より白幽仙人に伝授された内観呼吸法を学び、約100年前、ジョセフピラティスが考案したピ […]