新型コロナウイルスの影響で人と人との接触を8割減にすると新規感染者を大幅に抑制出来る…それで8割減を守られた方も多いのではないでしょうか。

そこで私は考えてみました。

もしかしたら悪口を8割減にすると不幸な人を大幅に抑制出来るのではないか。

何か嫌なことがあったら人に言いたくなりますよね。

こんな奴がいた、あいつのせいでこんな目にあった、自分はなんでダメな奴だ、またゴキブリに遭った…などなど。

私も虫の悪口を言います。しかしそれは不幸。

なんで誰か(自分自身も含む)の批判批評をすることに人生の大半を費やすのか。

愛のある言葉でもう少し溢れたっていいのではないか。

こんな素晴らしい人いたよ、あんなかわいい虫いたよ、こんな素敵なことあったよ。

もし会話の8割がそうなったとしたら、何て幸福なんだろう!

ということで、私も発する一言一言、愛と感謝で満たされるよう氣をつけたいと思います。

最近御子にイライラして「〇〇は嫌!」と言うことが多いので、反省して「〇〇して欲しい」と言おうかなと思います。そして御子のことを人に伝える時は「〇〇という行動が嫌だった」というよりは「〇〇してくれて嬉しかった、可愛かった」と伝えようと反省する日々です。

 

本当に頼みますよ、マンマ!

関連記事はこちら