手というものが人間にとってどれほど重要なことか体感した話。

授乳をする時に御子の手の表情が可愛くて思わず注目しているのですが、落ち着いて飲んでいるときはおっぱいに手を添えるのでした。

その温かみが満ち足りた氣持ちにさせてくれます。

御子が五本の指で包むように添えているとき、安心、一体感、穏やかさ、愛を感じることなどが強まるのでした。

しかし同じ温かみであろうと別のもの(例えば足とか肘とか?)だったらこんな満ち足りた氣持ちにはならないと思います。

手当という言葉があるほど手というものは、手を当てることということは特別なことなのですね。

御子を通して体感しました。

私があまり好きではない礼儀というのにも、一般的には何でも手を添えることが丁寧といわれますが、その理由がなんだかわかった氣がします。

手の効力はとても強力なので、握手、ボディータッチなどは愛を伝えやすいでしょうね。

ヤッホー!

関連記事はこちら

  • 自然農研究中自然農研究中 アナスタシアの本に感銘を受け、地上の楽園化計画を立てています。 土地を緑いっぱいにし、自給自 […]
  • 今年の断捨離今年の断捨離 1月は始まりの月。始まりは何だか清々しくて好きです。仕事は始まっていますがのんびりやれていますし。 […]
  • 御子から学ぶ〜遊び編〜御子から学ぶ〜遊び編〜 講習会があったのでシッターさんにお願いし、御子を近くで見てもらうことになりました。 休憩挟ん […]
  • 「できない」が嫌いじゃなくなった日「できない」が嫌いじゃなくなった日 私の嫌いな言葉、「無理だ」「できない」「不可能」。 何故なら人間は無限の可能性があると思って […]
  • 左側負傷氣味左側負傷氣味 左側が負傷続きです。 唇の上のできものも左、歯のしみるのも左、何だか鼠径部が痛むのも左側、何 […]
  • 紅はるかって素敵。紅はるかって素敵。 紅はるかって知っていますか? 最近は私、年中さつまいもを食べていますが、その種類の1つです。 […]