靴下は破れる宿命にありますが、いつが捨てどきなのか?

靴下が破れている、破れつつあることになかなか氣づけず、仕事中に指摘された苦い思い出あり。

天然素材にこだわっているので、こだわっている分だけ履き続けたいのですが、氣に入っていればいるほどすぐ破れるという。。よく履きますからね。

それで補修するのにまず寄せて縫っていたんだけどこれはすぐほどけて風通しが良くなる。。

次は綿のシャツ由来の当て布をしたのだけど素材が違うせいか、マッチせず穴が拡大。

次に小さくなったカシミヤのセーターを当て布にしたらとてもいい感じだけど、何度か使用したらやはり穴が拡大し、縫い足す感じ。

どんなというと

こんな感じ。

更に穴が拡大していったらある時点で継ぎ足す布の面積が靴下の面積を超すのではないか、そしたらそれは元の靴下といえるのか。

例えば医学が進んで臓器も外身も取り替えられるようになって大半取り替えてしまったら元の人間といえるのかという疑問と同じなのかもと思いながら日夜靴下の補修にあたるのでした。

関連記事はこちら

  • 溜め込みと虫溜め込みと虫 保存の食品を工夫して袋から密閉する瓶に変えてみました。袋の少しの隙間から虫が入って繁殖すると思った […]
  • 説教は説教に対しての防衛から生まれる?説教は説教に対しての防衛から生まれる? 子連れで歩いていると説教を受ける頻度が増えました。妊娠中からちらほら増えてきていたと思っていたので […]
  • 口角をあげる口角をあげる 歳をとって口角が下がって、そういうシワになっている方を見て、もう少しご機嫌に歳を取りたいなと思って […]
  • 8割減にする8割減にする 新型コロナウイルスの影響で人と人との接触を8割減にすると新規感染者を大幅に抑制出来る…それで8割減 […]
  • 物の管理、というか空間、時間の管理物の管理、というか空間、時間の管理 最近物の管理に行き詰まっております。 宇宙一の夫に指摘されて、在庫管理部門には向いていないと […]
  • 休み☆御子三昧。休み☆御子三昧。 ひっっっさしぶりに長期の休み。年末年始の休みを決めたのは宇宙一の夫でした。 そらうみクリニッ […]