言葉は信念の反映だと私は考えております。

ですので、その人が何を語るかで大体、とても健康な方だなとか、生き苦しいだろうなとか感じるのですが、また面白い見方を発見しました。

電車に久しぶりに乗るとなってホームで待っていたら、隣に赤子を連れたお母さんとその親族か友達がいました。

赤子が可愛らしい様だったので「可愛いね」と言いながら交流していたら、その親族か友達が、

「そんなに見つめちゃ、お姉さん緊張しちゃうでしょ。やめなさい」

と言いました。

その発言に意表を突かれました。

全くの無垢な赤さんに見つめられて緊張する人がいるとは想定外でした。が、きっとその親族か友達は赤さんに見つめられたら緊張するからその発言が出たのでしょう。
そして見ることが緊張を生むと教え込まれ、それを制止させられるということを体験する神の子、赤さん。

赤さんの周りで使う言葉がいかに大事かを認識しました。

このように、言葉によって世界観が作られていくのでしょうね。

赤子猿を見守る母猿。

関連記事はこちら

  • 疲れを癒やす方法の考察疲れを癒やす方法の考察 疲れって一体なんでしょうか。 最近、朝畑に行って一仕事を終えるとなんとなく体がだるくなって、もう […]
  • 大丈ブイ、ブイブイブイ!大丈ブイ、ブイブイブイ! ある問題にぶちあたりました。 今に始まった事ではないですが、裸で歩いている御子を見て、初対面 […]
  • 空間を綺麗にすると被害的な考えが減る空間を綺麗にすると被害的な考えが減る 断捨離、継続中。 モノを持っているとそれを使わなきゃという考え、使わないと罪悪感を持つことに […]
  • 勝手にエア同窓会勝手にエア同窓会 薬物療法研修会に伴い、数年前のカルテを見直す作業をしております。 これは今通われている方のも […]
  • 煮詰まる、解消法煮詰まる、解消法 過集中的に生きる習慣で、ランナーズハイ的になれば幸い、強迫的になれば邪魔されるとイライラ感で自分が […]
  • 天才歯ブラシ天才歯ブラシ 歯ブラシって生まれてから何の疑問もなく使っていますが誰が考え付いたのでしょうか。 今何でもネ […]