言葉は信念の反映だと私は考えております。

ですので、その人が何を語るかで大体、とても健康な方だなとか、生き苦しいだろうなとか感じるのですが、また面白い見方を発見しました。

電車に久しぶりに乗るとなってホームで待っていたら、隣に赤子を連れたお母さんとその親族か友達がいました。

赤子が可愛らしい様だったので「可愛いね」と言いながら交流していたら、その親族か友達が、

「そんなに見つめちゃ、お姉さん緊張しちゃうでしょ。やめなさい」

と言いました。

その発言に意表を突かれました。

全くの無垢な赤さんに見つめられて緊張する人がいるとは想定外でした。が、きっとその親族か友達は赤さんに見つめられたら緊張するからその発言が出たのでしょう。
そして見ることが緊張を生むと教え込まれ、それを制止させられるということを体験する神の子、赤さん。

赤さんの周りで使う言葉がいかに大事かを認識しました。

このように、言葉によって世界観が作られていくのでしょうね。

赤子猿を見守る母猿。

関連記事はこちら

  • 疲れを癒やす方法の考察疲れを癒やす方法の考察 疲れって一体なんでしょうか。 最近、朝畑に行って一仕事を終えるとなんとなく体がだるくなって、もう […]
  • 自然農研究中自然農研究中 アナスタシアの本に感銘を受け、地上の楽園化計画を立てています。 土地を緑いっぱいにし、自給自 […]
  • 御子から学ぶ〜遊び編〜御子から学ぶ〜遊び編〜 講習会があったのでシッターさんにお願いし、御子を近くで見てもらうことになりました。 休憩挟ん […]
  • 今年の断捨離今年の断捨離 1月は始まりの月。始まりは何だか清々しくて好きです。仕事は始まっていますがのんびりやれていますし。 […]
  • 左側負傷氣味左側負傷氣味 左側が負傷続きです。 唇の上のできものも左、歯のしみるのも左、何だか鼠径部が痛むのも左側、何 […]
  • 「できない」が嫌いじゃなくなった日「できない」が嫌いじゃなくなった日 私の嫌いな言葉、「無理だ」「できない」「不可能」。 何故なら人間は無限の可能性があると思って […]