言葉は信念の反映だと私は考えております。

ですので、その人が何を語るかで大体、とても健康な方だなとか、生き苦しいだろうなとか感じるのですが、また面白い見方を発見しました。

電車に久しぶりに乗るとなってホームで待っていたら、隣に赤子を連れたお母さんとその親族か友達がいました。

赤子が可愛らしい様だったので「可愛いね」と言いながら交流していたら、その親族か友達が、

「そんなに見つめちゃ、お姉さん緊張しちゃうでしょ。やめなさい」

と言いました。

その発言に意表を突かれました。

全くの無垢な赤さんに見つめられて緊張する人がいるとは想定外でした。が、きっとその親族か友達は赤さんに見つめられたら緊張するからその発言が出たのでしょう。
そして見ることが緊張を生むと教え込まれ、それを制止させられるということを体験する神の子、赤さん。

赤さんの周りで使う言葉がいかに大事かを認識しました。

このように、言葉によって世界観が作られていくのでしょうね。

赤子猿を見守る母猿。

関連記事はこちら

  • 疲れを癒やす方法の考察疲れを癒やす方法の考察 疲れって一体なんでしょうか。 最近、朝畑に行って一仕事を終えるとなんとなく体がだるくなって、もう […]
  • 家についての考察家についての考察 家ってなんだろう。 ウィキペディアには人間が居住する固定式あるいは移動式の建物のこと。とあります […]
  • 紅はるかって素敵。紅はるかって素敵。 紅はるかって知っていますか? 最近は私、年中さつまいもを食べていますが、その種類の1つです。 […]
  • 彼岸花の季節です!彼岸花の季節です! いや、季節終わりましたか? 横須賀の訪問診療先でまたお花をいただきました。 玄関先に綺麗に彼岸 […]
  • 隙間恐怖。。隙間恐怖。。 またこの話か。 おなじみ、虫の話。 隙間から出ずるゴキさん、蟻さん、ワラジさん。 この友たち […]
  • 虫その後虫その後 大きなゴキブリ、ワラジムシ、アリンコ、蚊などに悩まされていますが、そんな悩みしかないというのも幸せ […]