あるヨギの自叙伝という本を書いた、20世紀の大物、ヨガナンダですが、1920年に設立したSRFというのがあります。

SRFにはクリヤヨガの修行などのプログラムがあるのですが、今年のお知らせの中にとてもよい言葉がありました。

『私たちは過去に縛られる必要がなく、自らの誠実な努力と常に存在する神の助けによって、自分を変える選択ができるのだと気づいた時に、気分を高揚させる自由の感覚、新たな決意をするときの心地よい感覚が、私たちに活力を与えてくれます。

思考と意思の力を自分が選んだ気高い目標に集中させると、思考と意思の力は、あなたのカルマや習慣よりももっと強力になります。創造性のある積極的な思考と行動によって、成功へと導く新しい道を切り開くことができる、という確信のもとに、あなたが達成したいことを心に描き断言してください。「自分は、なりたいと思う通りの自分になれるという信念を、何があろうと弱めてはいけない。あなたを邪魔する人は、あなた以外誰もいない」と、グルデーヴァは私に忠告してくださいました。グルジが教えてくださったのは、”できない”という思考を意識から消して、聖なる勝利者を自分の内に呼び覚まし、”私はできる”ということを証明するような、決然たる努力を毎日しなさいということでした。

…神は、私たちにより良く変化する能力を授けられました。

…祈りの中で、またあらゆる親切な行為をする中で、聖なる愛が、ほかの人々へと流れていきますように。』

気高い言葉すぎて、何も発する言葉がありません。

関連記事はこちら