またまた産業医先でツバメの観察をしました。

はっきり見えないかもですが、ずっと2匹で見つめ合い交流をしておりました。


なんとも可愛い。

子供が生まれてピーピー鳴いている感じではなかったのでやはり抱卵しているのでしょうか?

そんなツバメの子ども達もいつか巣立つのですが、鳥の巣立ちで感動した話があります。

以前書いたかもですが、別の鳥の番組を見ていたら、ある程度大きくなったと親が子供を判断したら、餌やりの回数がへってゆき、遂には餌を全く運ばなくなるのです。

そして親は別のことをしているのかと思いきや、ずっーーーと子供の様子を見ているのです。

そして、これはどうにも今日は巣立たんと思ったら一日に一度だけ餌を与えに戻るのです。

どうですか?

子供の引きこもりで困っている親御さん、この鳥の愛も理解できるでしょうか?

私は大変愛を感じました。

手出しせずに見守ることも愛。

生命の危機を感じたら、最小限に助けるのも愛。

自然は色々学ばせてくれますね!

関連記事はこちら

  • マンゴーを植えるマンゴーを植える マンゴーからタネをとりました。 マンゴーの種の殻を破るとこんな立派なものが入っています。 […]
  • 産業医先のツバメと感動話産業医先のツバメと感動話 今日は産業医先に行って参りました。 ツバメはというと… 見えるでしょうか? 5匹産まれたみ […]
  • 桃の種桃の種 桃の種を蒔きたいために、たくさん桃から採取しました。 どうやら硬い種を割ると左のように柔らか […]
  • 雨のありがたさ雨のありがたさ 畑に本格的に力を入れ始めて、雨のありがたさがわかりました! 大体水やりに1日の30分強費やしてい […]
  • 熱田神宮にて熱田神宮にて 学会の前、朝早く熱田神宮に行きました。 とても気持ちよく、緑やプラーナが多いとこんなに深呼吸が容 […]
  • 栗の成長栗の成長 栗を植えております。そしてスクスク成長しております。 本当に桃栗三年柿八年ということで、栗が三年 […]