今はすっかり断捨離にハマってしまって、マニアの域に達してきました。

あれこれうちをイメージして、あそこのあれは捨てられる、あれはもう使わない、など空想しては実際に処分してテンションはあがります。

まだまだたくさん処分できそうでやり甲斐を感じています。

掃除の方も、お店に入った時、トイレなども10秒くらいですが一部掃除してみております。

訪問するお宅も掃除したくなり、可能なようなら少し掃除を手伝わせてもらっています。訪問診療にかこつけて掃除しに行く…これは本望かもしれません。

この趣味が続くととても人生に良い影響を及ぼしそうです。

結構毎日色々捨てていますが一大イベントは布類、服ですね!

断捨離の本で、服は刺身だという記述を見ました。

色褪せたらもう着る時期ではないと。

何となく納得して色褪せたパジャマを断捨離しました。

というかパジャマ自体を断捨離して普段着とパジャマの境をなくしたいです。

刺身と思えば服の断捨離も大幅に進んでいくのでした。

この頃はいつも散乱してたな…

関連記事はこちら