グルテンは多くの人が消化が苦手で、その代謝されないものが体の各所にたまり様々な病気の原因になります。

 日本人はもともと米食なので、できるだけ小麦は避けた方がよいと考えておりますが、小麦製品の製品は私達の生活に随分と浸透しております。

 多くの方がパンを愛好されているのではないでしょうか? 

私も少し前まではパンが大好きでした。小麦には中毒性もありますから、また欲しいなぁと思うことが常でした。 

グルテンの代謝が不得意だと知ってからは、殆ど小麦製品は食べずにいましたが、最近は昔食べていたものを体に優しい食材で再現することが研究対象となっております。

 グルテンフリーのパンを最近研究しているのですがなかなか市販のパンの様にはなりません。   

 

 長細くして焼いてみました。 

表面が固く中は変に?柔らかいです。

 型に入れて焼いてみました。   

やはり表面が以上に固く、切断するとこんな感じです。   

 

潰れてしまいました。 

小麦のパンも何度かしか焼いたことはないのですが、水分不足なのでしょうか?

 焼き不足?

 オーブンはなくて、魚のグリルで焼いているのでレシピを見ながらだと温度などが違うのでなかなか難解に感じているのでした。 

グルテンフリーのパンを小麦のパンらしく焼きたい。

そしてパン好きの方もグルテンをやめても、美味しいグルテンフリーパンを食べられる環境を作りたいというのが1つの目標です。

関連記事はこちら