質問:みちか 女 21歳

初めての利用となります。長文となりますが、ご覧いただけますと幸いです。21歳の女です。

入社一年後、(2016年)春~夏のタイミングに自律神経を乱しがちになり、栄養失調になり、内科に通ったのち、心療内科に診断を仰ぎ、医師に神経症と診断されました。

それから一カ月の休職を得たので、休職期間中に実家を引越して一人暮らしを始め、職場では部署を変えて自分に合った仕事をさせてもらい、忙しくも充実した日々を送っていました。

しかし今年の年初から自律神経失調症の症状がまた現れ始め、(仕事中にとにかく時間を選ばず寝てしまうという症状が一番辛かったです。私は過眠症を疑いました。)3.4月には朝の体調不良が辛く仕事を休みがちになり、過呼吸で一度救急搬送、その次に道端で意識不明になり救急搬送計二回。これ以上会社に迷惑をかけたくないという思いから退職を願い出たのですが、今焦って結論を出さず、休んで考え直して欲しいと言われて、現在休職二カ月目に突入しました。

父からの誘いもあり、収入が安定しない今、実家に戻ったはいいものの、会社にこれ以上いてもやる気もなく、寝てしまうし迷惑をかけるだけですので、気持ちは退職する気でいるのですが、退職するにしても今後の目標を定めようと考えるたびに頭にモヤがかかったように思考が鈍り、何もする気が起きず寝たきりで過ごす日々も多く、また憂鬱な気持ちが募っています。

そしてまた何もすることができない自分にイライラが募り、胃のあたりがムカムカと痛み、寝てばかりに。食欲も減ってきました。(元々夏バテしやすくはあるのですが。)日の高いうちに起きているのが苦手なこともあり、夜行生活を送りがちになりました。

比較的元気があるとき、友人と遊びに行ったりして励まされ一時的に前向きな気持ちになるのですが、こんな浪費を続けていつまで続くんだろう、と不安になりまた気持ちが塞ぎこみ次の日寝込んでしまいます。

また、実家に戻ってきたこともあり、最近は忘れていた父親との確執を思い出して、父に正論を言われるたびに胸が苦しくなり、じゃあなんで産んだんだと無責任に父を心の中で憎んだりする始末。こんな後ろ向きなことばかり考えて前向きになれない自分に嫌気がさします。

他にも、少し潔癖症・人間不信の気があり、たまたま人と肩がぶつかる・手がぶつかるだけでその場所をハンカチで拭ったり、大半が自分の悪口を言っているかもしれないと考えて勝手に自信消失したりします。頭ではそんなことあるわけないだろうとわかってはいるのですが…。

とにかく常にいろんなことに怯えている状況で自分に何も自信が持てず、何も始める事が出来ず、それに嫌気がさしているけれど、かといってそれに対して立ち向かうのも酷くめんどくさいことに感じ、失敗が怖いというあほらしさぶりです。

これらの話を総合して神経症以外の病気の可能性(大昔にADHDを疑われたことがあります)・または病気ではなくただ単純にどうしようもないネガティブ人間なのかハッキリ出来たらと思っています。よろしくお願いいたします。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談とても嬉しく思います。

わかりやすい状況の説明や客観的にご自身を観察されているご様子が伝わりとても素晴らしいと感じました。よく今まで頑張ってこられましたね。

思考力の低下、意欲の低下、憂鬱な気分、食欲の低下などあるようでしたらうつ状態、うつ病の可能性があります。そんな状態になると自律神経症状が出やすくなります。また物事もマイナスに捉える割合が増えてきます。是非おかかりの心療内科にご相談して頂き、お辛いようでしたら薬の調整などもしてもらうとよいかもしれません。

お仕事のことですが元氣な時を100としてご自身の体調が80まで回復してからどのようにするかということを考えられた方が、より本来のご自身の意見と差がなくなります。不調な時に考える考えと元氣な時の考えが違ったりしますので、今は判断しないほうが得策かと思います。

どうしようもない人間なんてこの世に誰1人としていません。

ただ、ご自身がそう信じてそれを演じるのなら別ですが。

どんな人間であろうと、等しく尊い存在です。自分だって例外ではありません。

今の状態は体や心、魂からのメッセージです。

「無理しないで」「のんびりしようよ」と叫んでいるのかもしれません。

ご自身を十分労って、自分自身に「愛してる。生まれてきてくれてありがとう」と声をかけてあげて下さい。

今回の人生は一度きりです。私たちは楽しんでいろんな経験をし、成長するために生まれてきました。自分自身を思いっきり表現し、引き続きこの美しい地球を存分に味わって楽しんでくださいね。

幸せであることをお祈りしております。