先のブログにも書きましたが、果物ばかり食べていると母乳の生産が落ちることを体験しました。

授乳中にフルータリアンに戻ることは難しそうです。。そして不食プログラムもできそうにありません。またの機会でしょうね。

ということで、玄米粥を復活させるとあっという間に胸がパツパツになる程、母乳の生産が増えました。


夫が作ってくれた、小豆入り玄米粥。

これは朗報です!

何時間も泣き通しということがなくなって、ぐずるにしても落ち着きが違ってきました!果物の時とパツパツの玄米粥を食べた時と!そうすると自然に手が空いている時間が増えて楽になりました。

ところでお腹空いた時、玄米粥をたくさん食べることは胸が破裂しそうになるため難しいので、変わりの食材を探しました。

まず家には訪問診療のドライバーさんに掘ってもらった畑のサツマイモがあるため、焼き芋にして食べてみることにしました。


ホイルで巻いて魚焼きグリルで30分、シルクスイートです。

あまりに小ぶりのため大丈夫かと思いましたが、


意外に甘くて美味しかったです!!

それで胸の様子を見ましたが、そのせいか、胸の張りが減ってきました。。。

何となく授乳時間も長くなっております。

挽回するようにたくさんお粥を食べるよう再開したのですが、そんなに胸は張ってはきません。。

そして授乳の度に必ず吐くようになりました。。

どうしたんだ・・全然わからん。。

マイクスバーのマイクさんの口癖、

「飲み過ぎ、食べ過ぎだよ!成瀬くん!」

の言葉が頭をよぎります。

吐くわりには大声でなき、母乳を請求しているような氣がする。。

昔の貴族みたいに吐きツボに吐いてまた食べるみたいな矛盾した構造。

またgoogle先生に聞いてみると、どうやらげっぷをせずすぐに横になるのが吐く原因なのではないかと。確かにげっぷも出ないし、すぐ横にしていました。

飲んだ後はなるべく胃を縦にしている時間を長くしたところ、吐くことはほぼ無くなりました。

行きつ戻りつして進んでいるのか後退しているのかわからない感じで授乳生活は続いておりますが、毎日が非常に勉強になるのでした。

授乳間隔が3時間は稀で、1-2時間で御子は目が覚め、泣いて、授乳を繰り返しており、たくさんお粥を食べると更にぐったりしますが、この期間、変にやる気を出してウロウロするよりかはむしろぐったりして横たわっていた方が身体が休まっているのかもしれません。

暗中模索の生活、まだまだ続きそうです。

関連記事はこちら

  • 母乳のために食べすぎる。。母乳のために食べすぎる。。 最近夜も昼も関係なく、果物では母乳がつくられにくかったので、玄米粥など穀物中心に食べることが多くな […]
  • 八列とうきびの爆裂チェック八列とうきびの爆裂チェック 全然知らなかったのですが、ポップコーンにもなる八列とうきびという種類のとうもろこしを育てていたよう […]
  • ありがたい贈り物ありがたい贈り物 最近は来る日も来る日も母乳アップのためにお粥で過ごしておりました。 飽きる…こともあるけど食べ始 […]
  • グルテンフリーの勉強グルテンフリーの勉強 名古屋に学会で行った際研究してみました。 白崎裕子先生にも頼んだのですが、美味しいグルテンフリー […]
  • 拾った梅を食べてみた拾った梅を食べてみた 素晴らしい生命力と思う話に、食材がないから逗子海岸でアサリを掘ってボンゴレにして食べたとか、ザリガ […]
  • あまくない砂糖の話を見た後の食生活の変化あまくない砂糖の話を見た後の食生活の変化 あの映画は私を初心に立戻らせてくれました。 さよなら砂糖! みなさん、結構砂糖って使われている […]