横須賀の逸見にmy homeという素敵な施設があります。可愛いワンちゃんがいて、いつも癒されます。スタッフの方も丁寧で優しくていつも感動します。

そこにたまに往診に行くのですが、不思議な雰囲気の60〜70歳位の男の人が駐車場付近を歩いておりました。見てると近寄ってこられ、こう話されました。

「あなたはmy homeに定期的にきてるのかい?あの先にコロボックルの里ってあるのは知っているか?コロボックルの作者は逸見出身で最近博物館が出来たんだ。昨年(先月だったかも)里に行った時は入れたのに、今日は水道局の看板が出て先に進めなかった。my homeの人に聞いて、是非コロボックルの里を見学してごらんなさい」

私にはコロボックルが何だかさっぱりでしたが、早速my homeで働く方々に聞いて見ました。

「なんですか、それは…。聞いたことありません」

なんということでしょう。

早速手がかりがなくなった。。

謎しか残りませんでしたが、折角コロボックルを教えて頂いたので、早速本を借りて読みました。


コロボックルとは小人のことなんですね。この絵の小人が鳥を助けるというほんわかした作品でした。コロボックルの里が作品に出てくるのか、もう少し読み進めてみようと思います。

関連記事はこちら

  • 遂に最終手段。5遂に最終手段。5 Gさんが活発な季節。 封印も解きました。そのせいだか毎日のように大きなGさんが引き出しを開け […]
  • 本腰が入る季節本腰が入る季節 遂に暖かくなってきました。過ごしやすいですね。 虫にとっても過ごしやすい季節です。 今 […]
  • 床に物を置かない床に物を置かない これは確か去年の今頃も床に物を置かないと決意した氣がします。 遂に先日、靴下を履こうとしたら […]
  • 借家に対する遠慮を無くす借家に対する遠慮を無くす 借家だからという言い訳?で、あまり掃除も手入れもしたくないなぁと思っていました。 しかし断捨 […]
  • 草の管理をやめてみる草の管理をやめてみる 雑草も命だからと庭で管理していましたが、それを見た私の氣持ちはごちゃごちゃでした。 雑草と言 […]
  • 桃の進捗桃の進捗 大好きな桃に葉っぱが勢いよく生え始めました。   こんな風です。 […]