時間に追われて過ごす日々。

思えば自分が子供の頃、誰も時間がないから〇〇できない、〇〇しないなどと言う人はいなかったことを思い出しました。

そういう意味でも自分の両親は私に貴重な時間を割いてくれていた、とてもありがたいなあと実感しました。

また、母も父もよく笑っていたなぁ、うまい冗談も言えていたなぁと思い出し、そういった時間は幸せだったんだなぁと幸せを噛み締めました。

その幸せをどれくらい御子に継承、提供できているかと思うと、謎…というか氣合い入れて尽力を尽くさないとなと胸襟を正しました。

やってもらったことに目を向ける、内観療法的なアプローチがまさか時間病の根絶の助けになるとは思いませんでした。

感謝感謝で日々生きていきたいと思います。

それで時間病も根絶できるはず…!

 

関連記事はこちら

  • 時間病の本態時間病の本態 なぜ自分が時間病であるのか、様々な切羽詰まった場面で生じるのは焦り、怒り。 そうなるような自 […]
  • 煮詰まる、解消法煮詰まる、解消法 過集中的に生きる習慣で、ランナーズハイ的になれば幸い、強迫的になれば邪魔されるとイライラ感で自分が […]
  • そうだ修行に出ていると思おう!そうだ修行に出ていると思おう! 私の憧れ、仏門に入り修行したり、ヴィパッサナー瞑想三昧になって何年も過ごしたい。 なななんと […]
  • 時間病とは?③時間病とは?③ 時間病とは この3次元で生きるあまり、永遠に時間があるということを忘れてしまって、時間がないと思 […]
  • 時間病とは?時間病とは? 三次元のこの地球に生きているということは時間の関わりというのは必ずあります。  時間に […]
  • 時間持ちになるために時間持ちになるために お金持ちになるための方法は色々テレビ、雑誌、本などであるかもしれませんが、時間持ちになりたいです。 […]