遂に11ヶ月!

誕生日まであと1ヶ月を切りました!

1日目。この日は東京まで外出しました。電車の中で他の人を興味深そうに見たり、触ったりととても活動的?でした。興奮したのか朝寝はせず、30分間昼寝をしたあとシッターさんに預けたあと1時間くらい寝ました。

胸のところの服をめくる頻度が増えました。おっぱいの要求みたいです。

トイレに行って戻ってくるまでぐずったり泣いたりしないことが増えました。後追いが軽減してきております。

一人で遊ぶ時間も増えてきています。

笑顔をよく見せてくれるので本当に癒されます。声を立てて笑うことも増えました。

寝かしつけたあと40-60分後に起きることが2度ありました。これは御子の特徴なのではと思うほど生まれてからよくあることです。

2日目。朝寝は30分もしませんでした。段々と寝る時間が短くなっているのかも。

机の上でお尻を基点にクルクル回転することをするようになりました。

授乳中「んー!!!」と大声で言い過ぎて自分で笑っていました。

3日目。この日は1-1.5時間おきに起きてしかも1時間以上寝なかったので不安や心配に焦点を当ててしまったせいか私が夜中とてもイライラしました。このイライラで余計眠れなくて本当に無駄な行為だと思いました。。授乳は1-1.5時間おきたったので尿量が多く布団もぐしょぐしょになりました。。

手を振り払う行為が増えてきています。思い通りにしたいという氣持ちが伝わってきます。

1週間ほど前からしゃがむということができるようになりました。

車では大泣きすることは少なくなりました。御子語を話してご機嫌かと思えば次の瞬間叫んで泣き始めたりと大忙しです。

風呂は顔に水がかかるととても嫌で毎度大泣きをします。

4日目。朝から大泣きで起きて、ぐずるので家ではずっとおんぶしていました。立ち止まるとぐずるので移動しながら歌いながら家事をやりました。

煎餅をよく食べるのですが、やはり味つきの方が食が進みます。

片足だけ正座、片足だけ立てている姿勢を最近とります。

寝る前は授乳後も機嫌よく遊んで、何度も宇宙一の夫に抱っこで電氣を点けたり消したりを楽しんで、眠くなったらまた授乳で寝ました。

5日目。朝8:30に起きてこんなに遅くまで寝たのは久しぶりでびっくりしました。

洗濯機を回すと不思議そうに見ています。

鼻の穴に指を入れていました。これは初めてではないか。

震えていたので寒いだろうと思いこの秋冬は服を導入しようと思いました。早速着てもらったら震えはおさまり、生き生きと遊んでいました。

少し早く寝かしつけたら30分で起き、また添い乳でこの日はその後3度ほど起きました。

6日目。これが人見知りなのか、最近事務の方には出かける頻度が減り、私のもとで過ごすことが増えました。よく顔を覗き込んできます。綺麗な澄んだ瞳で、本当見とれてしまいます。

この日は久しぶりに御子も参加して良い勉強会に行きました。元医局の人達や元同じ学会の方もいてとても和みました。御子は1時間半以上もぐずらず、時々爆笑しながら講演を聞いていました。本当に思いやりのある子です。

帰りも遅くなりましたが、ちゃんとお風呂も大泣きせず入って寝ました。

7日目。大股で立ち上がったりしゃがんだり、片足だけ正座することの頻度も増えています。

朝寝、昼寝はしますが簡単に起きてしまいますし、寝る時を逃すと結構起きています。

絵本を開くと毎回自分なりに「あーあー」とか御子語で読んでいます。

朝の車はもう殆どぐずりません。帰りの車も朝よりは頻度は高いですがだいぶぐずらなくなりました。私もとても楽です。

お兄ちゃんになってきたね、しっかりしてきたねと最近声をかけられることも多くなりました。歯が生えた影響でしょうか。

いよいよ次回は誕生月に入ります。

乞うご期待!

関連記事はこちら

  • 3歳5ヶ月の記録①3歳5ヶ月の記録① 1日目。 この日はなんだか不機嫌なことが多く、私もイライラして疲れました。御子はぐっすり寝ま […]
  • 3歳4ヶ月の記録③3歳4ヶ月の記録③ 15日目。 この日は異例の13時台に昼寝に入りました。抱っこ紐でそのままネンネ。1時間ちょっとで […]
  • 3歳4ヶ月の記録④3歳4ヶ月の記録④ 22日目。 前日の夜更かしが響いたのか14時前に昼寝しました。最近ジャンプ、走るなどたくさん […]
  • 3歳4ヶ月の記録①3歳4ヶ月の記録① 1日目。 「〇〇さん、いいお洋服じゃん」と褒めている場面に2度遭遇しました。段々と社交的にな […]
  • 3歳4ヶ月の記録②3歳4ヶ月の記録② 8日目。 目覚めた時、私の目を手で隠して「いないないばー!」とやってきました。朝からフルスロ […]
  • 3歳3ヶ月の記録③3歳3ヶ月の記録③ 15日目。 「おっ、なんか上に工事してるなぁ」と山の上のショベルカーを見ながら話しかけてきま […]