御子も4ヶ月となり、町指定の4ヶ月健診に行きました。

町なだけあって10人程でした。

同じ月齢で集まったのを見たのは久しぶりです。個性があっておもしろいです。

くだものという絵本をもらったので、似非?!フルータリアンとしては嬉しいことです。ありがたい!よくよく読み聞かせようと思いました。

国は子育てに絵本を推しているということのようですね!

さて、健診の内容は追視できるかを見たり、身長体重を測ったり、股関節の動きを見たりするのですが、まさかの追試?決定です。

普通なら次は10ヶ月健診なのですが3ヶ月後に受けることになりました。

身長が成長曲線を割ってました。。体重はぎりぎりでしたが。

完全母乳だと小さめだと本で読んだのでまぁそんなにはびっくりしていません。

とてもアットホームな健診で、初対面の保健師さん(なのかな?あそこにいらっしゃる方々は)に、職業欄を見た途端「町民としてお世話になっています」と温かい言葉を頂き、そんな温かく仏のように生きる人々が行く先々にたくさんいることに感動を覚えました。(昨日のブログの話題も行く先での仏のように生きる人の話でした)私も見習おうと思います。なかなか一町民として「町民としてお世話になっています」なんて言えなくないですか?発想になかったな。

「ちびっ子ギャングだぜ!」御子の発想も斬新です。

関連記事はこちら