退院後、またフルータリアンの生活に戻ろうと思って(皮を剥くか切るくらいしか作業もないし)玄米粥を勝手に卒業し、フルーツメインで食べていました。

するとあれだけ張っていたおっぱいの張りが無くなってきて、こんなもんなんだろうなぁと思っていたらいきなり授乳時間が15分くらいだったのが2時間を超えてきました。

これにはびっくり!

ちゃんと母乳も出ているし、なぜだろうと思いました。果物はお腹にたまらないから母乳も満腹感が得られなくなるのかなぁとか。

バースハーモニーの齊藤先生に電話して相談したところ、母乳不足だから、野菜スープに玄米餅を投入するとよいということと、玄米粥の土鍋での炊き方を教えてくれました。

母乳は出てるけど量とか勢いが足りないということなんですかね。

早速野菜スープを夫が作ってくれて飲みました。とてもほっとする味。細胞に染み渡ります。

そして2時間弱かけてお粥を炊いてくれて食べました。

そして忘れていた牛蒡子も食べました。ああ苦い。

それから何時間かするとまた胸が張ってきたのです。

授乳すると2時間泣きっぱなしというのはなくなりましたが、なんとなくまだ足りないみたいで3-4時間ほど夜中にずっと起きていました。しかし泣きっぱなしでないだけよい兆候です。

朝方は3時間くらい続けて寝てくれて、久しぶりに私もそれだけまとまった睡眠をとることができました。

ぐったりした一日でした。

しかしまた、食べ物でこれだけ人間って変わるんだなとまた自分の体験でも再確認できました。

そしてお粥に切り替えて半日経った今、胸がパツパツです。

極端に食べ過ぎかも。。

関連記事はこちら