質問:温泉enjoy 女性 30歳
【コープのお仕事の残念な話】
お返事ありがとうございます。

私の自閉症スペクトラム症の特性で「様々な組合様が来て臨機応変に対応することが苦手」、「コロナ禍でマスクをして組合様の表情や気持ちが分かりにくいこと」により、私の適性からレジは難しいと、総務部の方に判断されました。私は4月から医療専門学校の診療放射線技師学科に進学します。総務部の方は、組合様に振り回されて私の勉強や食生活が疎かにならないように、接客を減らしたかった様子でした。

習ったことをメモして10分間、復習した後で帰宅、毎週、課題と対策を書いて実行する、私の強みが実らなくて残念です。私の強みが評価基準と限らないことに納得しました

私は2/21から、陳列のお仕事に変わりました。最後にキティちゃんのお菓子を陳列して、幼児が喜んでお菓子を購入したときにやりがいを感じました。

厚生労働省のホームページで、食品の陳列のお仕事は、接客が苦手な方、整理整頓が得意な方に適すると知りました。

【祖父から見た私】
コープで、食品を作る会社や工場の方、食品を運ぶ運送の方、食品を陳列する方、レジを打つ方、組合様など、様々な方のお陰でお仕事が成り立っています。そのため、私の希望通りのお仕事ができると限らないことを私は納得しました。そのため、履歴書の希望職種の欄に「レジ、陳列、発注」と書きました。しかし、適性が合わない、組合様に振り回されて勉強や食生活が疎かを防ぐ安全と保護のため、私がレジ係から外れたことについて残念です。

【レジをしたときの私の強み】
1.コープのIチーフの意見
習った内容をノートにまとめて復習をしました。他の店員の名前を覚えることが得意で、「○○さん、かごを補充します」と声かけをした後で、レジにかごを補充しました。私は、レジから陳列のお仕事に変わっても、お世話になったレジの教育係にお礼を言いました。

2. コープのレジ係のOさん、Tさんの意見
OとTは、右耳が聞こえません。そのため、会話をするとき、私はOとTの左耳から、ゆっくり大きな声で話して配慮しました。その件について、私の祖父は、「右耳が聞こえない=できない」と決めつけず、左耳で聞いて頑張っているOとTを応援した私の姿を気に入りました。

3.ハローワークメール相談の担当者、いのちの電話の相談員の意見
小さい子どもが怪我をしないように配慮できて、最後に手を振ってくれたのは素敵です。こういう経験が増えていくと自信にもつながります。

4.小学校時代のH先輩が勤務している、Y整骨院のスタッフの意見
コープには様々な組合様が来ると同様、整骨院に様々な患者様が来ます。気が合う方同士と限りません。私が、Hの得意な料理にコメントをしても、Hが真っ先にFacebookで閲覧のブロックをかけて残念な時期がありました。そのとき、私は、統合失調症のHを静かに見守り、「同じ1通のメッセージでも、読み手によって好みが異なる」と前向きに受け止めました。Hが産まれたときから、Hの母にとってHは、可愛い息子です。

回答:メールいただきありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。

私は2/21から、陳列のお仕事に変わりました。最後にキティちゃんのお菓子を陳列して、幼児が喜んでお菓子を購入したときにやりがいを感じました。

素敵ですね!

3.ハローワークメール相談の担当者、いのちの電話の相談員の意見
小さい子どもが怪我をしないように配慮できて、最後に手を振ってくれたのは素敵です。こういう経験が増えていくと自信にもつながります。

素晴らしいですね!

いつも素敵な話ありがとうございます。
温泉enjoyさんが幸せであるよう心よりお祈りしております。