質問:鈴華 女 23歳
皆が何を楽しみに、何に希望を抱いて生きているのかが理解できません。「楽しい」と思うことはありますが、その瞬間にも不安や悩みがよぎって、別にいつ死んでもいいとも思います。正確には死にたいというよりは消えたいです。初めから私なんていなかったことにしてほしいです。「死んだ」となると周りの人に多大な迷惑をかけることになりますので、「そんな人いたっけ?」みたいな感じで今まで私に関わった人の脳内から消して欲しいです。いなかったことにはできないので、失踪して生死不明になるのが1番の理想なのですが、現代社会ではすぐに居場所がバレてしまうと思います。私に関わった人たち全てが嫌というわけではなく、私の自己肯定感が低すぎるのが問題だと思います。何をするにも向いてなくて楽しみを感じられない人間が生きている意味がわかりません。何も生産性が無くて無駄な存在だと思います。ふとしたことで生きるのをやめたくなってしまうので、電車にふらーっと飛び込んでみたくなったりすることが多々あります。でももし失敗したら痛い思いをして、不完全な身体で生きながらえなくてはいけなくなるので飛び込まないだけで、確実に死ねるのであれば実行していると思います。中学生くらいの頃から「死にたい」とずっと思っているのでいるのですが、歳を重ねるにつれてその思いは強くなっています。何か不慮の事故にでもあって「死んでしまっても仕方がない状況だった」と思われて死にたいです。23歳の今ならまだ、この何も持ち合わせていない状況(仕事で大した成果も出せず、配偶者もいなくても許される)で死んでも変ではないと思います。死にたいのに、世間体や今まで関わってきた人たちの反応を気にして自殺に踏み込まない自分か恥ずかしいです。普通の人ならば、そう常日頃から「死にたい」なんて思ったりしないと聞きました。皆そうなんでしょうか?私がそう思うのは精神的な病気なのか、それとも元来の性格なのでしょうか?よくわからないのでお伺いしてみようと思いました。

回答:メールいただきありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
それは大変でしたね。そんな中今までよく頑張ってこられたかと思います。

頂いた症状から推察するとうつ状態やうつ病の可能性もありますので、是非お近くのメンタルクリニックなど受診されると良いかと思います。少しのお薬や少しのお話で改善する可能性があります。

普通の人ならば、そう常日頃から「死にたい」なんて思ったりしないと聞きました。皆そうなんでしょうか?

「普通の人」と「皆」の定義がわかりませんが、「死にたい」と思うことは、今の生活習慣だったり、生活のペース、生活の環境などを変えて欲しいという自分自身からのメッセージだったりします。

できるだけ自分の好きなことややりたいことを多くし、やるべきことや嫌なことは極力やめていただくことで回復力も高まっていくでしょう。
またそのようにすることで

皆が何を楽しみに、何に希望を抱いて生きているのかが理解できません。

楽しみや希望を思い出しやすくなるでしょう。

精神科医の大家、神田橋條治先生の精神科養生のコツという本の中の方法で、死にたくなった時、ちょっと死んでみるという方法があります。
まずは仰向けに寝て、目を閉じて『私は死んだ』と心の中でつぶやきます。
次に死んだ私の体から皮膚や肉が溶けて行き、大地に吸い込まれて行き、きれいな白骨だけが残るとイメージします。
『風が吹くと骨が揺れる』とこころのなかで呟いて、かすかに風のように体を揺らしてみましょう。そうすると、まだ皮膚や肉が溶けきってない部分が感じられます。
そこに注意集中して『溶けてゆく溶けてゆく』とイメージしましょう。全身が白骨のバラバラになったらその状態を5分でも好きなだけ続けます。氣持ちが良いことが大切です。死んだ状態が続いたら『私は生まれ変わる』と心のうちで呟きます。手足から中心に向けて、次々に骨が繋がってきて、大地の中で浄化された肉と皮が地から湧き上がって骨を包みます。胸や顔のところで肉や皮が合わさって全身が完成したら目を開いて起き上がります。
以上がやり方になりますが、実践してみるとスッキリして役に立つかもしれませんよ。

鈴華さんが幸せであるよう心よりお祈りしております。