質問:キティまま 女 54歳
コルステロールの数値が高く、肝機能の数値も良くありません。
お医者さんに、体重を減らすように言われました。
なるべく歩くようにと思い、最初は頑張りましたが、今は、疲れやすく、続きません。
スポーツジムも行きましたが、腰を痛めて、辞めました。
パーソナルトレーニングジムに体験で行きましたが、お金の面で続けられそうもありません。
何かやらなければいけないのは、わかりますが、気分だけ焦って、行動にうつせません。
8月に人間ドッグがあるので、それまでに、運動習慣をつけて、少し痩せたいです。
本当に、今でなあなあにしていたのを後悔しています。
体重が、少しづつ、太って来ているので、焦っています。

家にいると、どうしても、ついついお菓子に手が行ってしまいます。
今の時期、コロナが心配なので、外に行くのも心配です。

どうか、習慣づけが出来るように、アドバイスをお願いします。

回答:メールいただきありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
運動が続かない場合は運動の種類も合う合わないなどありますので、やめてしまうものに関してはご自身に合わないものかもしれませんね。
もしかしたらただ単に歩くよりも、なにか踊りやバレーボールや団体のスポーツの方が楽しめてよいのかもしれませんし、マリンスポーツやスキーなどのシーズンのスポーツが合うかもしれません。山や海なら歩けるという方もいらっしゃいます。

今一度ご自身の好きな動きを見直すチャンスかもしれませんね。

あとは1日1時間やろうとか思わずに、10秒だけやってみようと取り組むと案外と習慣として続くかもしれません。

お買い物に出かけた際に少し遠周りするなどご自身の生活習慣に組み込んだ運動も続けやすいかと思います。

今の時期、コロナが心配なので、外に行くのも心配です。

そうですよね。最近自宅でできる運動も動画もたくさんあるようなので是非活用されてください。
馴染みのあるラジオ体操、テレビを見る習慣があれば毎朝決まった時間に放送されているNHKのみんなの体操、ZIP番組内でのダンス、などテレビ番組の運動に一緒に取り組んでみるのも一つの手かと思います。

家にいると、どうしても、ついついお菓子に手が行ってしまいます。

これももっともかと思います。甘いものが欲しい時、フルーツや干し芋ですと体に良いかと思いますし、その都度野菜スープを飲んでかなり痩せられた方もいらっしゃいますのでその辺も体に合えば是非トライしてみて下さい!
またお菓子に手を伸ばしてしまったら足踏みを10回するのもよいかもしれません。

益々回復しているキティままさんからのメッセージ、とても嬉しく思っています。

引き続きキティままさんが快適に過ごせるよう心よりお祈りしております。