質問:つーたん 女 25歳
こんにちは。私は25歳の女性です。2018年の2月から2019年の3月末まで自分の出身幼稚園で正社員として勤務しておりました。短大を卒業してからすぐに出身幼稚園で就職したかったのですが、求人がなかなか出ずやっとの思いで長年の夢が2年前に叶いました。私が高校3年生の夏(7年前)に母親を癌で亡くしました。学生時代は何とか頑張ってこれたのですが、短大を卒業してからは母親を亡くした事がきっかけで私の精神面は安定せず就職やパートなどで働いても長くは続きませんでした。やっとの思いで就職出来た幼稚園も1年で辞めざるを得なかったのです。担任ではなく様々な仕事をしたり、各学年の補助をするフリー教諭でした。1年近く頑張ってきたのですが、私にとっては大きな失敗で園長先生・主任の先生・先輩の先生に注意された事により無断欠勤をしてしまいました。心の中では「頑張って行こう」と思っていたのですが、連絡せず休んでしまいました。無断欠勤はその1回だけではなくその前にも2回程してしまいました。してはいけない事だと認識していましたが、心と身体のバランスが取れず休んでしまいました。1年近く頑張って来たという事もあり、園長先生・副園長先生と私で話し合いをし年度末まで頑張って来る事を約束しました。3月末の担任発表の日、また無断欠勤をしてしまいました。私は来年度も担任ではなくフリー教諭だと言うことを知っており、色んな先生に笑われるんじゃないかと怖くなり行けませんでした。翌日の出勤日も連絡をせず休んでしまいました。前日も当日も私は家族に「行ってきます」と言って仕事に行っているふりをしました。しかし、その日に心配した園長先生・副園長先生が私の家を訪問して家族(祖母・父親)が私がしている事を知りました。私はそれを妹からLINEで聞いた瞬間「家には帰れない」と思い、自宅付近の河川敷や駅周辺をブラブラして時間が過ぎていくのを待ってました。1番お世話になっていた先輩が2人きりで話を聞いて下さり、一緒に家に帰ることが出来ました。数日後、園長先生・副園長先生・父親・私の4人で幼稚園で話し合いをする事になりました。私はその場で「もう一度頑張らせて下さい」と言おうと思っていたのですが、言う間もなく話は退職へと進んでしまい、昨年末で幼稚園を退職しました。退職してすぐは何もする気が起こらず、1人になれば泣いていました。頑張って新しい仕事を探しているのですが、新しい職場でもまた怒られる注意されると思っただけで面接すら行けなくなってしまいました。幼稚園の職員の方々・子ども達・保護者の方々にすれ違うのが怖くて近くのスーパーや最寄り駅などに行く際は帽子とマスクをしております。幼稚園に戻りたいです。私はあの時うつ傾向だったんじゃないかと今でも思っています。亡くなった母親も私も大好きな幼稚園でした。しかし大好きな幼稚園の先輩はモザイクはかかっていますが子どもの写真をインスタグラムに載せたり、子どもの頭を叩いたり契約書に書いていたいけない事をしてしまいました。ある1人のバスの運転手さんは子どもがバスに乗っていても乗っていなくても対向車や歩行者や自転車の人に対して「早く行けや」と強い口調で言ってました。また、園長先生は求人票には下宿禁止と記載されているのに担任の先生の中で1番上の先生は実家ではなく一人暮らしをしていました。一度幼稚園連盟に報告しようかとも考えています。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
今までよく頑張ってこられましたね。つーたんさんの真面目で誠実なお人柄が伝わってきました。

私はあの時うつ傾向だったんじゃないかと今でも思っています。

確かにその可能性は十分あったのではないかと思います。ですのでつーたんさんの普段通りの力が発揮できなくてとても悔しかったのではないかと感じました。
ですが、

幼稚園に戻りたいです。

この熱い気持ちがあれば、必ずや戻れるのではないかと思います。
つーたんさんがキラキラと個性を発揮して、熱い情熱を燃やしている姿をみれば、必ずや周りも理解してくれるかと思います。

そのためには、今やりたいことや好きなことに注意集中を注いでもらい、
嫌なことや苦しくても「◯◯しなきゃならない」など、ご自身で縛りを設けることをやめてみると助けになるかと思います。

つーたんさんが幸せであるよう心よりお祈りしております。