質問:たーくん。 女寄りの男 29歳
今までを振り返ることが多々あって、家庭にも学校や職場にも本当の自分が存在しているという居場所がなくずっと彷徨ってました。小中高と、朝、学校へ行くことが辛くて、特に父親から、強引に行かせられ、学校へ行っても、生徒の声や環境に馴染めず、辛い日々をおくってきました。家庭にいても、特に父からは、暴言を言われて辛かったです。社会人になっても、仕事が合わずに転々としてました。実家に一時帰った時もありましたが、やはり、親から暴言を言われて、とにかく寮付きの仕事が決まるのが早いので、転々と生活してました。
4年程まえから、車を運転して過剰に事故になってないか心配してしまい、最寄りのクリニックで、診察を受けたら、強迫性障害と発達障害が合併していると言われました。その頃は、今よりも憂鬱ではなかったですが、先生も大したこと無いような事を言われてました。
しかし、ここ数年、音や声が非常に、気になり始めて、朝、仕事に行こうとしても体が起き上がらず、自力で起きても憂鬱でやる気がおきません。クリニックに相談しても、理解してもらえずに困っています。それだけじゃなく、生活全般が憂鬱で、出掛けても音に過敏になってしまい、辛いのです。毎日、目が覚めても、やる気がおきず、辛いです。
今は、障害年金を受給してますが、ハローワークの紹介でA型事業所等見学に行き、検討してますかが、自信がなく、過去と重なり合うかのようにして切なくなってしまいます。今は、一人暮らしでアパートで生活してますが、年金だけでは、今後不安なため、母に相談したら、いざとなれば、援助するとは言ってくれるものの、やはり、毎日憂鬱です。
年齢的にも、30歳に近いので、世間からは、いい年してと見られるのが怖いです。
過去のことをやはり考えると憂鬱になってしまいますが、どうすれば、人生を輝く事ができるでしょうか?

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
それは大変でしたね。今までよく頑張ってこられたかと思います。

今の状態はうつ病の可能性がありますので、主治医の先生にお薬の調整を掛け合ってみるのはいかがでしょうか。
過去のことが不意に思い出された時は「あれはあれでよかった」「それはそれでよかった」「全てはうまくいっている」など唱えてみるとよいかと思います。

そしてこれからはやるべきことや嫌なことを極力やめて、やりたいことや好きなことの比率を高めてあげてください。そうするとどんどんやりたいことを思い出してきて、人生もより輝いてゆくでしょう。

たーくん。さんの幸せを心よりお祈りしております。