質問:ヨシクン 今は男性 46歳
46歳の性別は男です。今は独身ですが結婚歴はあります。生活保護うけています。
診断名は分かりませんが7月までリスペリドンOD錠2mg「トヨトミ」・ヒルナミン錠(5mg)・フルニトラゼパム錠1mg「アメル」を服用しています。通院してませんが糖尿病です。
事情があり精神科に通えなくなりました。8月以降何故か3時頃まで起きれない日が続きました。
不眠症はわかっています。朝、2時間程眠れます。
悩み事と言えるかわからないのですが
1,女性の裸(AVやエロ本)を見ても性的興奮を感じない。勃起しない
2,自慰で多少勃起し逝くことは出来る
3、バイセクシュアルだと思う。(過去に女性との性交渉はあります。幼少期から男性に抱かれたいと思い今は男性に抱かれたい方が強い)
4,男性との性交渉は受ける側(ウケ)です。
5,毎日、不特定多数の男性を求めて避妊をせず性交渉してしまう。
6、ネット上の自己診断ですがセックス依存症の疑いあり
7、性同一性障害と言えるか分からないが、女性になりたいと思う事があり化粧・女性服・下着をたまに着用している。(現在、地毛を伸ばし剃毛等している)
8、今は女性になりたく女性ホルモン治療を受けたいと思う事があり悩んでいる。
以上の事があり、自分自身がよく分からなくなっています。
性同一性障害と言えるのでしょうか?それとも別な病名でしょうか?
判断がつかなく精神科に通うことができません。
よく分からず申し訳ございません。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
以下が性同一性障害の診断基準になりますのでご参考まで。

A. その人が体験し、または表出するジェンダーと、指定されたジェンダーの間の著しい不一致が、少なくとも6ヵ月、以下のうち2つ以上によって示される。

その人が体験し、または表出するジェンダーと、第一次および/または第二次性徴(または若年青年においては予測される第二次性徴)との間の著しい不一致。
その人が体験し、または表出するジェンダーとの著しい不一致のために、第一次および/または性徴から解放されたい(または若年青年においては、予想される第二次性徴の発現をくい止めたい)という強い欲求。
反対のジェンダーの第一次および/または第二次性徴を強く望む。
反対のジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)になりたいという強い欲求。
反対のジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)として扱われたいという強い欲求。
反対のジェンダー(または指定されたジェンダーとは異なる別のジェンダー)に定型的な感情や反応を持っているという強い確信。
B.その状態は、臨床的に意味のある苦痛、または社会、職業、または他の重要な領域における機能の障害と関連している。

Bの項目は簡単に言うと生活に支障が出ているということです。

ヨシクンさんの場合、いくつかの項目に当てはまっているように感じましたが、いかがでしょうか?

このことに関して生活のし辛さや悩みが生じているようでしたら、診断の有無に関わらず、事情はあるかとは思いますが、再度精神科に受診されると良いかと思います。

東京にあるちあきクリニックという性同一性障害も専門にされているクリニックもあります。とても理解のある先生なので一度足を運ばれるのも良いかと思います。

何かしらの手助けになることでしょう。

ヨシクンさんが快適に過ごせるよう心よりお祈りしております。