質問:ペコペコ 女の子 42歳
はじめまして!10代の娘の件です
幼い頃から人との関わりかたにあまりうまくいけずに
不登校などをくりかえししておりました
小学生のころ確認行動がふえ、手を何回もあらう、
忘れ物がないか何度も確認をしに行く事が増えはじめて精神科にかよいました
薬等を飲みその病状はよくはなり
ましたが、高校生くらいになり
幻聴や妄想などの病状がでたり
あまり学校にも通っていませんでした
そんな中病状がいっきに悪化してしまったのです
突然怖いといい
パニックをおこしてしまい
うろうろとした落ち着かない状態
妄想などがあり
強制入院を今しております
はじめての入院の治療で
とても不安です
娘は早く帰りたい
慣れない病棟のストレスで
怖い、寂しい、イライラするといった
状態
強い薬をのませているのか
目がうつろっており、入院する前のむすめの
姿ではないのです 入院してまもなく2週間になりますが
面会をしても、良くなってきたのかが
良くわかりません
主治医に相談しても
あんまり親身の対応がなく
不安でいっぱいです
入院するよりも自宅で治療したほうが
よくなりますか?
なれない病棟の環境で余計
悪化しているんじゃないか
とても不安になりました

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。

娘さんもお母様も大変でしたね。
一般的に自宅での環境が入院前とそんなに変わらなければ、入院で治療される方が回復は早いかと思います。
娘さんが戻って来た際には、お母様ができることとして、毎日抱きしめて「愛している、生まれてきてくれてありがとう」と伝えてあげて下さい。
それは症状の悪化を防ぐ方法になります。
それだけではなく、娘さんが生き生きと人生を歩む手助けにもなります。

また、愛の使い方を、娘さんのことを心配する愛から信頼する愛に変えてみるのも有効です。
「あなたならできる!信頼しているよ!大丈夫!」そんな風に言葉で表現するのも回復への助けになります。

娘さんに会ったら「主治医の先生が的確に判断できるように、薬の副作用など困ったことは伝えるんだよ」と支援するのも良いでしょう。娘さんの力で主治医の先生もより成長して、より良い医療を提供できるかもしれません。

ペコペコさんも娘さんも幸せであるよう心よりお祈りしております。

関連記事はこちら