質問:さくら 女性 35歳
いつ頃からかはきちんと覚えてはいないのですが、家の鍵や水道の蛇口を何度も確認する癖があり、ここ2、3ヶ月で一度頭から離れてもまた確認しに戻ることが増えてきて、だんだん疲れてきてしまいました。
鍵がしまっている、蛇口がとまっているのは分かっていても、確認しないと気がすまず、そんな生活から抜け出したいと思い始めました。
そういうことをしなくてすむ、気分を変えれる方法がありませんでしょうか。
文章にするのが得意ではなく、きちんと書けているのか不安なのですが、お答えいただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
確認する回数が増えてきているのですね。よくお一人で今まで頑張ってこられたかと思います。

お困りなようでしたら是非お近くのメンタルクリニックを受診されると良いでしょう。お薬で緩和する可能性があります。

また、確認行為をやめたいのにやめられない、日常生活に支障が出てしまっているような方に適用される、
曝露反応妨害法や認知行動療法という方法もありますので、カウンセリングなど利用して試してみられるのもよいかと思います。

今始められる方法としては、いつもの確認回数を少し減らして設定して、その中で思いっきり確認するとか、
不安な氣持ちが芽生えたら、呼吸する時に鼻の下の皮膚にあたる感覚に意識を向けることなどよいかもしれません。

あとはやるべきこと、嫌なことの比率を減らし、やりたいこと、好きなことの比率を上げて頂くと氣分も変わり、回数も少なくなるかもしれません。

さくらさんが快適に過ごせるよう心よりお祈りしております。