質問:リー 女 35歳
初めまして。
5歳と1歳の子供がいます。

産後(特に下の子が産まれてから)病気が怖くてしかたがありません。
子供の病気もそうですが、特に自分の病気が怖いのです。
喉の痛みが続けば、咽頭がんを疑ったり、足が痛めば骨肉腫を疑ったり、頭痛や手の痺れがあれば、脳腫瘍かと考えたり…
すぐに死に結び付くような大病を考え不安になります。
それで、病院を受診すると結果、何でもないのですが、それでも不安が消えないこともあります。
四六時中、病気の不安を考えているわけではないのですが、月に一度ぐらい不安で気持ちが不安定になります。

子供を産むまえは、病気に対して無知だったこともありますが、こんなことを考えて不安になることはありませんでした。

どうしたらいいのでしょうか?
突然の相談で申し訳ありません。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。

今までそういった怖さを抱えながらよく頑張って来られましたね。とても大変なことだったかと思います。

産後の変化ということですから、出産、育児を経験することで、生命や健康に対するリリーさんの感覚が変わったのかもしれませんね。

死に結びつく大病を思い浮かべては不安になるということは、リリーさんにとって、ご自身やお子さんの生命がそれだけ大切なものになったのだともいえますね。

しかし、大切なものが増えるということは喜ばしいことですが、

検査して何でもなくても、なかなか不安が取れない

というのはやはり辛いですよね。

そのために生活に支障が出てきてしまっているようでしたら、
これは病氣不安症の可能性もありますので是非お近くのメンタルクリニックを受診されるとよいでしょう。
お薬やお話しすることなどで改善するかと思います。

また、日頃の様々な症状は出てくるとは思いますが、何か症状が出た時は体に意識を向けるチャンスです。

是非症状が出た部位に「いつも頑張ってくれてありがとうね」と声をかけてあげてください。

5歳と1歳の可愛い天使ちゃんに囲まれて、大変なこともあるでしょうが、幸せなリーさんの姿をイメージしました。

リーさんが快適に過ごせるよう心よりお祈りしております。