質問:キュート 女 40歳
統合失調症になってから20年近くなります。一つだけなおらない症状があって、人に自分の考えが伝わっていると思うことです。たまに相手に考えがつたわったかなと思うことはあると思うんですが、私の場合、頻繁にあって相手と話してるときにそれは私が思ったことじゃないかということがよくあります。薬もかかさず飲んでますし、睡眠も気をつけてます。ただ、再発を何度も繰り返してるので、繰り返すと予後がよくないと聞いたことがあって伝わる症状が、残ってしまってるのかなと思います。今、新薬のレキサルティを飲んでます。本当に調子がいいです。でも、気になる伝わる症状だけが残ります。薬を続け、睡眠もよくとり健康に気をつけていれば、伝わる症状は気にならなくなるくらい良くなりますか?
それだけが、私を苦しめる悩みです。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。

素晴らしい薬と出会って、睡眠と健康に氣をつけていらっしゃる!
素晴らしいじゃないですか。
そのように回復を歩まれるとあとは良くなるに決まっております!
逆に予後が良くないと強く念じると、その念ずることによって予後が良くないという状態が現れてきます。
ですので、今やってらっしゃるように自分が間違いなく回復してるんだという意識が大切です。

伝わる症状以外は回復されているようでとても素晴らしいですね!
「あ、また伝わってんな。でも大丈夫、大丈夫」と言ってみるのも良いかと思いますし、逆に伝わってるからわざわざ伝えなくて楽だなぁ、知ってくれているから親近感あるなぁと思うと楽になるかもしれませんね。

注意集中を注ぐことというのは、植物に例えると水をやることやお日様の役割をしますので、自分自身が花を咲かせたい、育てたいことに注意集中を注いであげると良いですね。
例えば私は最高に健康である!私は天才!本当に幸せ!
などということを思い、注意集中をして頂くと、本当にそのように体験する人生が目の前に現れます。
私は幸せと思えば思うほど心地よいですし、それを本当に経験するとなお心地よいですよね。

キュートさんが益々輝くように心よりお祈りしております。