質問:星夜 女 15歳
私は今、以下のような症状に悩まされています。
〇急な胸の痛み(心臓、よりも内側からくるような感じです)
〇何も悲しいことは無いのに涙が止まらなくなる
〇自傷をやめられない(表皮を剥がす、シャーペンを腕に刺して引いて傷つける、自分で喉に指を突っ込んで吐く、等)
〇記憶が断片的な時がある(親に言ったでしょ、と言われても記憶が無いことが一日に数回ほど)
〇何も悲しいことは無いのに涙が止まらなくなる
〇急な過呼吸(1人の時に多い)
〇常に死にたい、と思っている(数年前に未遂した事あり)
〇ぼーっとすることが多い(睡眠はきちんととっている)
〇夜(20時頃)に一人で公園で音楽を聞きながらブランコをこぐ癖がある(夏休み後半から。最近は途中で涙がでることも。何故自分がやっているのかはわからない。けど、1週間以上やらないと辛くなる)
〇立ちくらみが多くなった(最近)

原因が分かればなおせるかもしれない、とは思うものの、原因が分からず堂々巡りの状態です。
親に言っても「気持ちの問題」と簡単に流され、全く相手にしてもらえないどころか体調が悪くても休ませてすらくれなくなってしまいました。

過呼吸は英検に二度落ちた後から酷くなりました。英検前には英検対策をしていたら褒めてくれた母が落ちた時に「全然勉強してなかったんだから落ちて当たり前」と言ったのが一番ショックで、そこから立ち直れなくなってしまいました。一ヶ月後にまた英検があるので嫌でも勉強しなければいけません。今は拒絶反応からかおこる頭痛と吐き気を堪えながら必死に勉強しています。やはり無理にやっているだけ全然頭には入ってこず、自分が嫌になってしまい、死にたいと思うことが余計に増え、そんな自分をさらに責めるように自傷も酷くなってしまいました。親は絶対次で受かれ、と言うだけで苦しさを理解してはくれません。

他のことはもはや原因がわからなくて自分がどうすればいいのかもわかりません。大好きなカラオケに行っても、自然(野原に行ったり夜空を眺めたり)に体をあずけても傷が癒えるのは一時的で夜にはまた気持ちが沈んで死にたい、と思ってしまう……。個人的には海に行きたいんですが、行ったらほぼ確実に自殺してしまいそうなので行かないではいますがそれを抑えられるのも時間の問題です…最近は行きたくて仕方なくて、でもお金と時間がなくて……みたいな感じです。

親の前では無理に笑ったりして何とかしています(体調悪そうな感じにしていると病気に頼るな、気持ちが弱いのが悪い、と怒られてしまうので。)が、本当に辛くても気づいてもらえず、本当に毎日が辛いです。

個人的には病院に行ってきちんと病名を告げられれば親も少しは協力的になって向き合ってくれて、回復につながる(私は本気でなおしたいんです。)と思っているんですが、親が聞く耳を持たないうえ、履歴書に書きたくない、という理由で絶対に行かせないと昔に言われています。

結局私が知りたいのは、親が反対していても病院に行くべきか否か、そして、考えられるのはどんな病名か、どうすればなおせるのか……です。こんなの病気じゃない、気持ちが弱いだけだ、というのならば遠慮なくそう言ってください。専門医の方のご意見が聞きたいです。

長文で申し訳ないですが、回答していただけたら幸いです。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。
とてもわかりやすいメールで、星夜さんの状況がよく伝わってきました。
色々な症状を抱えながらまた、色々素晴らしい工夫をされ、よくここまで頑張って乗り切ってこられましたね。

〇急な胸の痛み(心臓、よりも内側からくるような感じです)
〇何も悲しいことは無いのに涙が止まらなくなる
〇自傷をやめられない(表皮を剥がす、シャーペンを腕に刺して引いて傷つける、自分で喉に指を突っ込んで吐く、等)
〇記憶が断片的な時がある(親に言ったでしょ、と言われても記憶が無いことが一日に数回ほど)
〇何も悲しいことは無いのに涙が止まらなくなる
〇急な過呼吸(1人の時に多い)
〇常に死にたい、と思っている(数年前に未遂した事あり)
〇ぼーっとすることが多い(睡眠はきちんととっている)

〇立ちくらみが多くなった(最近)

という症状はうつ状態、うつ病で出ることのある症状ですのでその可能性はあるかと思います。是非お近くのメンタルクリニックに受診するとよいでしょう。少しのお話や少しのお薬で良くなるでしょう。星夜さんはご自身のことを言葉で表現する才能がありますのでカウンセリングなども併用するのもよいかもしれません。
星夜さんの回復のためには受診された方が良いかと思います。
ただ、親御さんに反対されていることで受け入れるのが難しい医療機関もあるかと思いますので協力してもらうことに越したことはありませんが、聞く耳を持ってくれないとなると大変ですね。では、このメールを印刷して親御さんに読んでいただくのはどうでしょうか。精神科医の返事はこうだったよ、と伝えれば、少し考えを変えてくれはしないでしょうか。また、おじいさまやおばあさま、おじさまやおばさまなど、親御さん以外の親族で、親身に話を聞いてくれる人はいらっしゃらないでしょうか。15歳の星夜さんが、親御さんを説得するのは難しいかもしれませので、わかってくれる大人の方を探して、大人同士で話し合ってもらうのもひとつの方法かと思います。
また学校にいらっしゃるスクールカウンセラーさんや、スクールソーシャルワーカーさんに相談されてみるのも良さそうですね。親御さんとの話し合いだけでなく、その他の星夜さんをサポートしてくれる機関などを紹介してくれるかもしれません。

尚、精神科受診した旨は別に履歴書に記載する項目はないと思いますので記載しなくてもよいのではないでしょうか?

親御さんには勿論星夜さんに対する愛があるのでしょうが、星夜さんにとっては欲しい愛情表現ではないのでしょうね。その違いはとても苦しいものかと思います。親も人間ですので、こうやって共に成長していくのでしょうね。そう思うと少しは楽になるかもしれません。

原因については1つのことが原因というのは稀で、様々なことが絡み合っているものです。ですので例えば食事を整えることで、携帯やパソコンなどの電磁波から遠ざかることで、運動を意識的に取り入れることで、身体の声を聞いてあげることで、やるべきことをやめやりたいことをやることで症状は回復に向かうことでしょう。

また、

〇夜(20時頃)に一人で公園で音楽を聞きながらブランコをこぐ癖がある(夏休み後半から。最近は途中で涙がでることも。何故自分がやっているのかはわからない。けど、1週間以上やらないと辛くなる)

という行動は星夜さんにとっては立派な治療法です。
ブランコをこぐという繰り返しの運動は私たちの脳内ホルモンのセロトニンを増やしてくれます。
うつの状態はセロトニンが減っていますので、ちゃんとそれを感じて治療をご自身でできる星夜さんはとても素晴らしいと感じました。

頑張り屋さんの星夜さん、無理せず快適に暮らせるよう心より応援しております。

関連記事はこちら