質問:マカロン 49

人を信用することが出来ません。

裏切られる気がして怖いです。

人が何を考えているのかがわかりません。

人間関係が苦痛で仕方ありません。

すみません。

相談の内容が足りないと思い捕捉させて頂きたいです。

人が嫌いなのは

距離感が近いと駄目なんです。

距離感あれば良いのですが、交流を持つことで段々と距離感が近くなってきたりするともの凄く嫌なんです。

距離感は心の距離感です。  

宜しくお願い致します。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。

また追加のメールも頂きありがとうございます。

ご相談頂いた内容は色んな意見があった方がご参考頂けるかと思いましたので、3人で考えて回答させてもらいました。

☆☆

人が何を考えているのかわからないから、裏切られる氣もするし、そうすると怖いし、もしそうなったら嫌だし、信用することができないのですね。

とてもお辛かったと思います。

マカロンさんは49年生きてこられて、その歴史の中で色々あったでしょう。

時には裏切られることもあったかもしれません。

でも決して裏切らない人は案外近くにいるものです。

マカロンさん自身です。

自分自身は裏切りません。

自分自身を裏切ろうとしても自分の考えは手に取るようにわかりますし、どうにも自分自身を裏切ることはできません。

ですので、まずは裏切らない自分自身を知ることは良いかと思います。

自分自身が何を考えているのかを観察し、自分自身を信頼すること。

裏切らない自分自身を信用していくと、いつの間にか裏切る人が周りから少なくなり、苦痛な経験は少なくなるかと思います。

他の人が何を考えているのかわからない時は、率直に聞いてみるのはどうでしょう?

例え手厳しい答えが返って来たとしても、安心してください。

自分自身を信頼していると自分が安全基地になり、何か言われても、その答えを出したのにはその人なりの事情があるのだな、と思いやりを持って接することができます。

距離が近くなりすぎて危ないなと思ったら、その方と接しているその瞬間でもご自身というシェルターに避難しているイメージをすると安心感が増すのかなと思いました。

マカロンさんはとても純粋な人のように感じます。

そんな純粋な素晴らしいマカロンさん、まずはこの世にたった一人でもいいからマカロンさん自身を信用するところから始めてみてはどうでしょうか?

院長 成瀬

☆☆

何か裏切られた経験でお辛い思いをされたことがあるのでしょうか。

相手が何を考えているかわからない、裏切られる気がして信用できないのですね。

そういった思いがあるなら、相手との距離が近くなることが怖くなってしまうのも無理はないですよね。

どうすれば、人間関係への苦痛が消え去るのでしょうね

例えば、マカロンさんは相手にどのようにしてもらえれば、

相手が何を考えているかわかり、信用ができそうですか?

そして、マカロンさんはそのように他人に対して振舞っていらっしゃいますか?

まずは、相手に求めることを、ご自身で実践されてみるのはいかがでしょうか。

そうすれば、マカロンさんのその素晴らしい行為が周りに伝染し、

お互いに信用しあえる関係がそこに出来上がり、安心できる距離感で付き合えるのかなと感じました。

もしよければ、お試しいただければ幸いです。

精神保健福祉士U

☆☆

人を信用するというのは難しいですよね。

自分のことであれば何をどう考えているのか分かりますが、

自分以外の人のこととなるとそうもいきません。

そこで、まずはその人を知ることが大切になってくるのではないかと思います。

その人がどんな人なのか、情報が足りない中でその人を信用しようとしても、

それはとても難しいことではないでしょうか。

ですので、その人を信用出来るか出来ないかは少し置いておいて、

まずは「この人を知ってみよう!」という所からスタートしてみるのはいかがでしょうか。

といったお返事を考えていた所にご相談内容の補足情報を頂きました。

マカロンさんは人との心の距離感が近くなってしまうのが駄目なのですね。

確かに、交流を持つことで心の距離は段々近付いていきますよね。

マカロンさんは読書はお好きですか。

私は、人を知っていくことは、本を読み進めていくことに似ていると思っています。

本を読み進めていくと、ストーリーの色々なことが分かってきますよね。

それと同じで、人と交流していくにつれてその人がどんな人なのかが次々と見えてきます。

その過程は、まるでその人の物語を読み進めているみたいではないでしょうか。

中には今までの自分にはなかった考え方や価値観を見せてくれる人もいるかもしれません。

そしてその色々な考え方や価値観をこれからの自分の人生のどこかで活かすことが出来るかもしれません。

そう考えると、人と交流を持ち、心の距離を縮めていくというのも悪いことではないような気もします。

ただ、お互いの心の距離を縮めるということは、お互いに自分をさらけ出していくことでもあると思います。

そしてそれは、とても勇気のいることだと思います。

だからこそ、勇気を出して自分のことをさらけ出して交流を持った人との距離が近付けば近付くほど、

私たちはその人を信用したくなりますが、その分だけその人に裏切られるのが怖くなります。

マカロンさんもそういった経験がおありなのでしょうか。

もしそうであれば、お辛い思いをされたかと思います。

しかし、もしそういった経験がおありなら、

その経験もまた、今のマカロンさんを作り上げているのです。

「裏切られる気がして人を信用できない」「人が何を考えているのか分からない」とのことですが、

見方を変えれば、今のマカロンさんにはそれだけの慎重さが備わっているとも言えます。

そんなマカロンさんが「こういう人なら信用できそう」と思える人はどんな人でしょうか。

その答えはきっと、マカロンさん自身のこれまでの経験が教えてくれるのではないかと思います。

マカロンさんのご相談内容に沿えた回答になっているのか少し不安ですが、

マカロンさんのメールを頂いて、私なりに考えてみたことを書かせて頂きました。

こういう考え方をする人もいるんだなといった感じで

それこそ人生のどこかで何かの参考にでもして頂けると幸いです。

精神保健福祉士K

☆☆

マカロンさんが幸せであることをお祈りしております。