質問:山田 女 29歳

過去の失敗や、人からの悪意を受けた記憶(最近~十数年前のことなど多岐にわたって)が突然かつ非常に鮮明に思い出されて、精神的に不安定になり、仕事に集中できず困っています。

全く関連のない作業をしている状況であっても、ふとしたことがきっかけで一度症状が出るとそういった記憶が頭を巡ってパニックになり、固まってしまいます。

子どもの頃からある症状で一度始まると死にたいという思考が止まらなくなり、苦しいです。

昔から不安定になりやすい自覚があったため、おかしい人と思われないよう表面上はその不安定(叫び出したい、飛び出したいような衝動)を押さえることに必死になって固まっているような状態です。

周りからは、ただぼんやりしているだけに見えるようです。

病院ではこのような症状の相談も可能なのでしょうか。また、このような症状?病状?にあたるものがあるのでしょうか?ある場合、どのような診断や治療法になるのでしょうか。

回答:メール頂きありがとうございます。ご相談大変嬉しく思います。

過去の失敗や人からの悪意を受けた記憶が、突然強く鮮明に思い出されて、精神的に不安定になり仕事に集中できないのですね。

そのような状態にもかかわらずよくお仕事も頑張ってやっていらっしゃいましたね。大変ご苦労されたのではないでしょうか。

不安定さを押え込むこともとてもお辛かったのではないかと感じます。

叫び出したい時、口を閉じて声を出そうとすると音が出ないのでそのようにしてみるとその衝動が落ち着くかもしれません。

飛び出したい時、実際走ってみることなどはよいかと思いますが都会にいると最適な場所が少ないかもしれませんね。非常階段などで全速力で上がったり下がったりすると良いかもしれません。

そのようにしてエネルギーを流してあげると楽になりやすいかなと思います。

また、深い呼吸とともに両手を胸の前で蝶々を作るように交差させて(手のひらは自分側)左右交互にトントンリズミカルに叩いてもらうと落ち着きを取り戻しやすくなりますのでオススメです。

山田さんの今の状態に対して病院で相談可能ですし、PTSDという診断がつく可能性があります。治療法はお薬やカウンセリング、持続エクスポージャー療法、EMDR、グループ療法などありますので、お近くのメンタルクリニックなどの医療機関に受診されるのは役にたつかと思います。

是非ご検討いただければ幸いです。