質問:じゃむやま 女 20歳

昔から人に嫌われることが多かったです。

小学生、中学生の頃は、省かれたり、虐められたりした経験もあります。

それらは個人や少人数からが多くて、中には仲のいい友人もちゃんと居ましたが、誰かの笑い声が聞こえると、自分に対して馬鹿にして笑っているんじゃないかというも不安でした。

仲のいい友人相手ですら、自分の事をどう思っているのか気になって仕方なくて、顔色ばかり伺っていました。

高校では人間関係に恵まれ、かなり心の許せる友人が多く出来ました。

友達の顔色を伺う事も無くなり、のびのび生きれていました。

高校を卒業して、他県へで一人暮らしを始めました。

4年制ですが大学ではなく、専門学校です。

高校は進学校だったので苦手ではないけど、勉強が嫌いで、比較的好きなことじゃないと頑張れない性格だと思ったからです。

高校で始めたダンスも、下手だけど好きだから続けたくて、近くの大学のインカレサークルに入りました。

好きなことだけ頑張って将来に繋げられたら、一番いいと思いました。

でも上手くいきませんでした。

元々要領の良い人では無いので、サークルと専門学校の両方を頑張るのはキャパシティが足りなくて、どっちも半端になりました。

専門と大学は授業の入り方も違うので、練習に行けない日もありました。

サークルと言ってもそこそこ真剣にやっている所だったので、練習について行けない。でも練習があるから今度は学校の課題が遅れる。

上手くいかない。

人間関係。

それほど仲良くなれません。誰に対しても壁を感じます。練習に行けない日があるからサークルにも居場所が少ない。学校の子とは、なんだか趣味や価値観が違うみたい。一緒にいる子達3人は、始めは仲良くなれそうだと思ったけど、今は1人にならない様に一緒に居るだけ。一緒にいる子達の中に、私と下の名前が同じ子がいますが、始めは双方苗字で呼ばれていたのに、気付いたらもう1人の子が名前で呼ばれて、私だけ苗字で呼ばれていました。友達に苗字を呼ばれる度に、、、もう1人の子が下の名前で呼ばれているのを聞く度に、心がきゅうっとなります。元々4人で居たのに、いつの間にか3人+私1人になってしまいました。

そうしたらどんどん上手くいかなくなりました。

元々朝は弱かったけど、どんどん起きれなくなりました。睡眠時間が増えました。疲れが取れなくて、遅刻が増えて、昼間眠くて授業に集中出来ないことも増えました。寝坊から遅刻や欠席も増えました。

始めは出せていた課題の提出率も落ちました。

学校に行きたく無い日も増えました。

サークルも、行きたく無い日が増えました。

外に出たくなくなりました。

周りの人に嫌われてるんじゃないかと、邪魔だと思われてるんじゃないかと、根性無しだと思われてるんじゃないかと、いらない奴だと思われてるんじゃないかと、また思うようになりました。

休み癖がつきました。

でも、勉強しなきゃいけないことも、ダンスがしたければ練習に行って振りを覚えなきゃいけないことも、分かってるからしんどくて。

なのに体が重くて気持ちについてこないです。

生きづらくてたまりません。

夜になると、時々涙が出てきます。

動悸が激しくなったり、横になったまま動けなかったりします。

時々高校の友達と会うと、居心地の良さに気持ちが軽くなります。

でも別れてしばらくすると元通りで、何もしたくなくなります。

小さくて惨めでしっかりしてない自分に嫌気がさして、上手く生きていきたいのに、上手く出来ません。

それがすごく苦しいです。

回答:メールありがとうございます。ご相談いただき大変嬉しく思います。

人生を真剣に生きてらっしゃる様子が伝わってきます。

よく今まで頑張ってこられましたね。

高校で心を許せる友人がたくさんできて、顔色を伺うこともなくなってのびのび生きるようになったとのこと、素晴らしいですね!

高校の友達と会って、物理的に別れても、じゃむやまさんの心の中にはいつでもその素敵な友達が住んでいますので、迷ったとき、悩んだとき、その友達に話しかけてみるとご自身にあった道筋が見えてくるかもしれません。

そんな風にできるようになれば、今の人間関係に関しては一緒にいて愛や経験を分かち合える瞬間を感じないのなら一層のこと離れてみるのもありかもしれません。

心を許せる友人は高校のお友達だけで十分で、そんなにたくさんいなくてもいいかなと思います。また、ご自身で、好きなことじゃないと頑張れない性格、とおっしゃっていましたから、多くの色んなタイプの人と仲良く、というよりは、好きだと思えるお友達とだけ仲良くする方が、じゃむやまさんの性格に合っているのかもしれませんね。

好きなことをやって将来につなげるという姿勢、素晴らしいと感じました。

サークルも専門学校も打ち込むことは大変素晴らしいですね。

思うにサークルでの練習や専門学校の勉強以外でやっていることを断捨離することはまだ可能かと思います。

自分自身に対して否定的な言葉などを投げかけるとエネルギーも時間も取られます。ですのでそれを止めることから始めるのはいかがでしょうか。

例えばそんな考えが横切ったら「私は最高」「私は天才」「全てはうまくいっている」など投げかけると良いかもしれません。

またご自身に対して愛を向ける状態、他人に対しても愛を向ける状態を保つと不思議と人を嫌う、人に嫌われることが無くなります。

「愛している。生まれてきてくれてありがとう」そう言ってご自身を抱きしめてあげてください。一日何度もやって頂くととても心地よくなるでしょう。

人の顔色を伺うのは良いですがたまには自分の顔色も伺ってみましょう。

起きられない、疲れやすい、集中力が落ちる、やる氣がなくなる、涙もろくなる、横になって動けない、マイナスに考えがちになるなどはうつ病の可能性もあるのでお近くのメンタルクリニックに受診していただくと良いかもしれません。少しのお話と少しのお薬で改善するでしょう。

じゃむやまさんのおっしゃる上手く生きるというのはどんなことでしょう?

じゃむやまさんの魂を輝かせて、喜びから人生を歩む決意をするだけで、上手く生きていると実感が湧きやすくなります。

小さくて惨めでしっかりしていないと感じた時、私たちは大きな宇宙のようなものの一部とイメージしてみると役にたつかもしれません。

1日10分間、私はなんでも実現可能で、なんでも持っていると思って振舞ってみるのも役にたつかもしれません。

今回の人生は一度きりです。私たちは楽しんでいろんな経験をし、成長するために生まれてきました。自分自身を思いっきり表現し、この美しい地球を存分に味わって楽しんでくださいね。

幸せであることをお祈りしております。