質問:佐藤 女性 42歳

父親にある日「ダメ人間」と言われました。「気を利かせないとダメだ」とも言われました。それ以来父とは絶縁状態です。最近職を1日で辞めることが多くなりました。理由はおばちゃんに馬鹿にされ、ミスを鼻で笑われたり見下されたりして我慢できなかったのです・・・母親に言っても怒られるため言えません・・・でも辛いのでやめてしまいました。母親には怒られるから「辞めたい」なんて言えないし、会社ではおばちゃんにいじめられるし、心が休まる場所もありませんし、もうどうしていいかわかりません。わたしには逃げ場がありません。助けてくれる人も、味方もいません。

夜中にコソコソ泣きます。

私に存在価値なんてないんですよね・・・

きっと・・・家族が味方になってくれなければ誰がなってくれるのでしょうか?

家族でさえ私の気持ちを理解してくれない・・・

分かってもくれない・・・

私さえいなかったら・・・

もう、全てが嫌・・・

この世にいたくない・・・

この世にいない方がいい・・・

死にたい・・・

回答:メール拝見しました。ご相談いただきありがとうございます。お辛いご様子、伝わってきます。実際に診ていないので、正確なことは言えませんが、だいたいの状況は把握できます。

味方もおらず、逃げ場がないこと本当にお辛いことだとお察しします。

落ち込みが続く、自分を無価値に感じる、死にたいと頻繁に思うようならうつ状態やうつ病の可能性があります。是非ともお近くのメンタルクリニックを受診されて下さい。少しのお薬で、少しのお話で楽になる可能性は高いです。また相談する場がなければカウンセリングを受けるのも良いと思います。1人で抱え込まないで下さい。少しお話しされると味方はたくさんいると氣づかれることでしょう。

佐藤さんは「ダメ人間」や「氣を利かせないとダメ」な人ではありません。

尊いかけがえのない存在です。

お父様の言いなりになって「ダメ人間」を演じる必要はありません。

佐藤さんは佐藤さんですのでありのままでいればいいですよ。

私たちは親を選んで生まれてくるということが最近の研究で明らかにされつつあります。素敵な産婦人科医、池川明先生の研究です。母親を選んだ理由の1番は可愛いからということらしいのですが、この両親のもとでなら1番自分が成長できると、中には困難な課題に挑戦する勇氣ある魂もあります。佐藤さんもその勇氣ある魂なのではと思います。立派ですよ。尊敬します。

ご両親だからこそ理解されないことは多々あります。親というのは期待のフィルターを通して子を見ることが多いですから。ですのでひょっとすると親が1番子供のことを理解しづらいのかもしれませんね。

ただ、「あなたに怒られるととても悲しい氣持ちになるんだ。また話しかけるのも怖くなっちゃう。どうしたらいいかな?」など率直な氣持ちを伝えることができるとお母様、お父様の佐藤さんに対する理解度も変わるかもしれません。

また佐藤さん自身がご自身のことを理解してあげることも有効です。

方法は自分自身に対して「愛している。生まれてきてくれてありがとう」と言うこと、鏡を見て自分に笑いかけてあげること、自分に対して「私は天才!」「今日も最高!」と言うことなどで自分に対して理解や愛が深まります。

やりたくない仕事に就く必要はありません。

私たちのやるべきことは学校に行くこと、仕事をすること、結婚をすること、親の思い通りになることではなく、1つだけやるべきことがあるとすれば自分自身の魂を輝かせることです。

是非ともやりたいことをおやりになって下さい。

また、精神科医の大家、神田橋條治先生の精神科養生のコツという本があって、無料で回復できる方法がたくさん載ってます。

その中の方法で、例えば死にたくなった時、ちょっと死んでみるという方法があります。これは仰向けに寝て、目を閉じて『私は死んだ』と心の中でつぶやきます。次に死んだ私の体から皮膚や肉が溶けて行き、大地に吸い込まれて行き、きれいな白骨だけが残るとイメージします。『風が吹くと骨が揺れる』とこころのなかで呟いて、かすかに風のように体を揺らしてみましょう。そうすると、まだ皮膚や肉が溶けきってない部分が感じられます。そこに注意集中して『溶けてゆく溶けてゆく』とイメージしましょう。全身が白骨のバラバラになったらその状態を5分でも好きなだけ続けます。気持ちが良いことが大切です。死んだ状態が続いたら『私は生まれ変わる』と心のうちで呟きます。手足から中心に向けて、次々に骨が繋がってきて、大地の中で浄化された肉と皮が地から湧き上がって骨を包みます。胸や顔のところで肉や皮が合わさって全身が完成したら目を開いて起き上がります。それが気持ちよければ自分に合っている方法です。

死にたい氣持ちになった時やってみると役にたつかもしれません。

私たちは生まれる前にこの度の人生ではどう成長したいかでそれぞれ宿題や課題を設定して生まれてきます。困難に感じている時こそ大きく成長している時なのです。

今回の人生は一度きりです。私たちは楽しんでいろんな経験をし、成長するために生まれてきました。自分自身を思いっきり表現し、この美しい地球を存分に味わって楽しんでくださいね。

幸せであることをお祈りしております。